iOS 11:Appleのコントロールセンターはモジュール化され、カスタマイズ可能に

0
537

iOSコントロールセンターでは、iOS 11の変更点が前回よりも多く、ショートカットの追加や削除が可能です。

合計18の追加点で、ユーザーはコントロールセンターで必要なクイックタスクを選択し、表示される順序を選択することができます。

オプションの項目をすべて削除すると、新しいコントロールセンターがワイヤレスオプション、音楽コントロール、回転ロック、妨害なし、画面のミラーリング、明るさ、音量の合計7項目に簡素化されます。

追加または削除されたオプション項目は、ディスプレイの下部に小さなアイコンの行で表示されます。 7つのコントロールセンターの中核部分の配置を調整することはできませんが、ユーザーは適切な順序で並べ替えることができます。

新しいコントロール・センターは、画面の下部を占めるだけの過去のバージョンとは異なり、呼び出されるとフル・ディスプレイを使います。この変更により、選択したすべてのコントロールが表示され、iOS 10で提供されているように切り替えを行う必要はなくなります。

一部のコントロールセンターのアイテムは、3D Touchで押した場合、より多くの機能を提供します。これらの機能は、iPadのような非3D Touchデバイスでは、長押しでエミュレートされます。

無線コントロールオプションには、航空機モード、携帯データ、Wi-Fi、およびBluetoothがメインビューに含まれています。 AirDropおよびPersonal Hotspotコントロールもあります。

音楽コントロールもスクラブ用に拡張することができ、懐中電灯アイコンは明るさオプションのためにポップアップを表示し、Apple TVとHomeKitボタンは3D Touchを使用してアプリケーションを起動することなく素早く制御できます。

3D Touchで拡張できるその他のオプションには、スクリーンミラーリング、輝度、音量、ウォレット、スクリーンレコーディング、カメラ、電卓、アクセシビリティショートカット、アラーム、ノート、ストップウォッチ、テキストサイズ、タイマー、およびボイスメモがあります。

コントロールセンターにアイテムを追加したり削除したりするには、メインリストから「コントロールセンター」を選択できるiOS設定アプリを使用します。 Control Centerに含まれる項目が上部に表示され、3行を右にタップしてドラッグすると、ユーザーは簡単に並べ替えることができます。

含まれている各アイテムには左に赤色のアイコンがあり、これをタップすると「削除」オプションが表示されます。下の「その他のコントロール」では、追加項目が緑色のアイコンで左側に表示され、即座にリストに追加されます。

コントロールセンターに18個、全てのアイテムが表示されている場合は、すべて表示するためにスクロールが必要です。前と同じように、コントロールセンターはディスプレイ上部からスワイプすることで解除できます。

ユーザーが選択できるコントロールセンターのオプションの一覧は、次のとおりです。

アクセシビリティのショートカット

警報

Apple TV Remote

電卓

カメラ

運転中に邪魔しないでください

懐中電灯

ガイド付きアクセス

ホーム

低電力モード

拡大鏡

ノート

スクリーンレコーディング

ストップウォッチ

文字サイズ

タイマー

音声メモ

ウォレット