Amazonの幹部はHomePodは脅威ではないと語る。むしろ相互接続を望む。

Appleは新しいHomePodスピーカーをAmazonやSonosのような競合他社の製品と比較することにを躊躇しませんでした。そして今、Amazonの役員が新たなライバル HomePodついてに語っています。 Amazonの上級副社長のDavid Limpは、AlexaとSiriは、Amazonの利点としてHomePodの価格を指しながら、お互いにコミュニケーション(接続)できると信じていると説明した。

USA Todayが指摘したように、Limp氏は、AlexaとSiriの接続というアイデアには興味を向けるが、反してAppleの意欲に疑念を抱いている。

Limpは、AmazonのAlexa製品ラインに対して深刻な競争相手としてHomePodを見ているかどうか尋ねられましたが、エグゼクティブは、HomePodはAmazonの製品と比べて「プレミアム価格」が「哲学的に少し違います」と回答しています。Limp氏は、HomePodの価格で8つのエコードットを買えてしまうと語ります。

「人々がスピーカーに数百ドルも払う事を考えると、いくつかの選択肢が考えられる」とLimp氏は語る。また、彼は、Bluetoothまたは「ライン出力」接続によって、任意の互換性のあるスピーカーにドットを接続できると優位性を語りました。

早い段階でHomePodを手に入れた人は、真にハイファイサウンドを提供していると言います。このデバイスには、アップル社が設計したスピーカーアレイが搭載されていますが、Amazonのエコーのような製品には、そのような高品質のオーディオがありません。

アップルのHomePodがAmazonのビジネスの一旦を担うことができるかどうかはまだ分かりません。