iOS 11では、友だちと簡単にWi-Fiを共有でき、近くのデバイスにパスワードを自動的に送信可能

iOS 11には、初めてのセットアップとアカウントのログインに関する多くの自動機能が含まれています。これはWiFiネットワークにも拡張されています。友人がiOS 11を入れているiPhoneを持って来たら、すぐにWi-Fiにログインすることができます。

UIは、AirPodsのペア処理のように見えます。新しいデバイスでWiFiパスワードの画面が表示されたら、既にネットワークに接続されている近くの他のiOSデバイスが手助けをできます。

例ですが、iPadはすでにWiFiネットワーク上にあり、iPhoneは新しいデバイスです。両方にiOS 11がインストールされている場合、iPhone上でWiFiネットワークに参加しようとすると、通常どおりパスワードフィールドが表示されますが、次にiPhoneを「近くの」iPadに持っていくと、iPadはiPhoneがネットワークに参加しようとしているというポップアップカードを表示します。

ワンタッチでWiFiパスワードをiPhoneに送信することができます。少し遅れてiPhoneのパスワードフィールドにパスが表示され、すぐにネットワークに接続されます。

これはiOS 11で見られる継続的な洗練と改善の素晴らしい例です。