アップル、iOS 11でTwitter、Facebook、Flickr、Vimeo統合を解除?

AppleはiOS 11で多数の機能を導入しましたが、次世代モバイルオペレーティングシステムの中核機能、つまり特定のソーシャルメディアサービスとのシステムレベルの統合も取り除いたようです。

最初のiOS 11ベータ版が開発者テストのためにリリースされた直後に、ベンチャーキャピタリストのショーン・クックが最初に気づいたのは、AppleがTwitter、Facebook、Flickr、VimeoとのiOS設定の統合を取り除いたことです。 Axiosは後にサービスの廃止を確認しました。

ベータリリースに伴う注釈によると、アップルはサードパーティのソーシャルメディアアプリにストアアカウントのクレデンシャルへのアクセスを許可しなくなったとのこと。

「ソーシャルアカウントは設定iOS 11から削除されました。サードパーティのアプリはログインしたアカウントにアクセスできなくなります。」

2011年にシステムインテグレーションとして初めてTwitterの統合を取り入れた背景があり、2012年にはFacebookのサインインサポートが、FlickrとVimeoはそれ以降のiOSの繰り返しに続いていた。

変更前は、iOSユーザーは設定でソーシャルメディアログインを提供し、他のサードパーティのアプリやサービスにログインするためにこれらの認証情報を使用することができました。たとえば、多くのアプリでは、新規ユーザーがFacebook経由でサインインすることでアカウントを作成できるようになり、Appleのソーシャルメディアとの統合により簡単な認証情報の共有が可能になりました。 iOS 11でこれらのサービスを無効にすると、ユーザーはWebベースのCookie共有に頼らざるを得なくなる可能性があります。

しかし、AppleのソフトウェアエンジニアであるRicky Mondello氏は、Apps用のパスワード自動記入を扱う次のWWDCセッションについてtweetし、単純なソーシャルメディアの資格情報をはるかに上回る回避策を準備している可能性があることを示唆しています。