Logic Pros:強力なLooperatorを使用して、FXのシーケンス、再トリガー、フィルターなど

0
408

Sugar-Bytesは、サードパーティ製の楽器メーカーやエフェクトメーカーの中でも好評です。同社のLooperatorには、リバーブ、ディレイ、タイムストレッチ/トークボックスフィルタ、ループ、ビニール/テープFX、オーディオエンベロープ、リングモジュレータなど、無数のエフェクトが搭載されています。基本的には16ステップのサンプルスライサーですが、これは典型的なプラグインエフェクトチェーンではありません。

典型的なオーディオプラグインのように動作します。これは、任意のトラックの着信オーディオを分析し、上記の効果の組み合わせをタイムライン上で適用できるようにします。言い換えれば、トラックやパターンの最初のビートにフィルターとリバーブを付けることができます。次にループ・エフェクトが続き、次にディストーションやディストーションにディストーションがかかります。これは、基本的に1つのプラグインのグリッチ・ミュージック・メーカーですが、ここでは派手な音に惑わされることはありません。感情的なパッドをアニメーション化したり、ドラム・ループに面白いカウンター・リズムを追加できる事は素晴らしいです。

シンプルなマトリックスシステムを使用してさまざまな効果を適用します。入力ソースのオーディオ波形は、UIの上端に沿って、また各オーディオ操作カテゴリは左に沿って利用できます。

[スライス]オプションを使用すると、分析されたオーディオのステップを再配置できます。つまり、Looperatorはトラックを16ステップ(任意の解像度)にスライスし、各ステップを表すタイムラインに数値(1~16)を配置することで、それらのステップの再生順序を完全に並べ替えることができます。

そこからループ、エンベロープ、FXスロット1、FXスロット2、フィルターの5つのカテゴリーに分かれています。これらの各カテゴリには、1回のクリックでタイムラインにドロップできる20種類のプリセットエフェクトがあります。ループカテゴリは、トラックの各ステップでマイクロループを作成するさまざまな方法を提供します。振幅エンベロープには数多くの興味深いオーディオシェーピングがあり、基本的なローパス/ハイパスの状態からサウンドのようなさまざまな母音や時間ストレッチまで、フィルターの範囲があります。 2つのFXスロットに関しては、リバーブ、ディレイ、ビニール音、歪みなどを見つけることができます。

また、4つのユーザーモジュールがあり、タイムライン上に配置するカスタムのプリセットを作成することもできます。この場合、独自のプリセットを設計する際には、5つの異なるパラメータ(各カテゴリ)が調整されます。

グリッド上の任意の場所にランダムなステップを置くことで、仮想音楽の神が何が起こるかを決めることができます。その点については、プラグイン全体をワンクリックでランダム化することができます。私の紅茶ではありませんが、インスピレーションが必要な場合は楽しく効果的です。

グリッド上の任意のステップを1回クリックするだけで、20個のプリセットまたは4個のユーザー設定(またはランダムステップ)の1つを適用し、右クリックして削除することができます。クリックしてドラッグすると、特定のエフェクトを連続したステップにコピーしたり、Shiftキーを押しながらドラッグしてエフェクトの範囲を複数のステップに拡張できます。マウスを特定のステップに振り、上下にスクロールしてさまざまなオプションを使えます。

左の各オーディオ操作カテゴリは上から下に処理され、自由にドラッグして順序を変更できます。これは本当に素敵なタッチです。オーディオを扱う方法について、より具体的な情報を得ることができます。 LooperatorはUIに組み込まれた独自の元に戻す/やり直しシステムを持っています。

プラグインをホストに同期させて実行することもできます(一般的にこのレビューで説明した方法と同じ)。または、MIDIノートを使用してパターンとプリセット全体をトリガーすることもできます。ファクトリー/ユーザーリストからパッチ全体をドロップし、それらをキーボードのさまざまなノートにドロップすることで、そのようにトリガーされるドラッグ&ドロップ機能は非常にわずかです。

All-in-allでは、色分けされたユーザーインターフェイスがここに実装されています。同社の他のマルチエフェクトルーパーユニットであるエフェクトリックスよりも直観的で、目にはやや簡単です。入ってくるオーディオソースの波形を見ることができ、各ビットが各FXと直接インラインでマトリクスされているところは素晴らしいです。