Apple iOS 11前に、フィードバックアプリは「ドラッグアンドドロップ」機能を開示⁉︎

最後のリークを見つけるのに最適な場所は、Apple自身かもしれません。今日、新しいiOS 11アプリ「ファイル」のリストがApp Storeに掲載されました。そして、フィードバックアプリはまた、別の機能、「ドラッグアンドドロップ」がiOS 11でiPadに来ることをお披露目しました。

ベータテスト担当者がバグを報告するために使用できるプリセットオプションの1つで、「スプリットビュー/ドラッグアンドドロップ」がリストされています。当然のことながら、これから8時間後の基調講演までiOS 11を正式に発表することはないため、この追加は少し早めに流出したものになります。

ドラッグ・アンド・ドロップのリファレンスがiPadのサイドバイサイド・マルチタスキング・モードであるSplit Viewの一部であることを考えると、これが何を意味するのかは明らかです。

iOS 11では、ユーザーはドラッグするだけで、画面の左側のアクティブなアプリから他のアプリにコンテンツをコピーすることができます。これにより、ワークフローが高速化され、切り抜き/コピー/貼り付け操作の必要性が軽減されます。

先に流出したFilesアプリとドラッグ・アンド・ドロップの機能を組み合わせて、Files内のドキュメントから、スプリットビューで電子メールメッセージに直接ドラッグして添付して送るなどができるかもしれません。

また、スプリットビューのマルチタスキングアプリケーションスイッチャーへのアップグレードは、公式チャンネルではまだ確認されていないものの、アップグレードが期待されます。

iPad向けのソフトウェア改善と連携して、新しい10.5インチiPad Proも発表も期待されます。