Samsungはデバイス管理ツールをPlayストアにアップロード

サムスンの「デバイスメンテナンス」アプリは、しばらくの間、いろいろな形で使用されていましたが、当初は「スマートマネージャ」と呼ばれていました。 Playストアの何百ものクリーンツールと同様に、メモリの消去や不要なファイルの削除などのタスクを実行します。今、Samsungは、デバイスのメンテナンスをPlayストアにアップロードして、システムアップデートの外でアップデートを開始しました。

Playストアの機能の公式リストは次のとおりです。

– 顧客のスマートフォンの現在の状態を100ポイントで報告します。

– ワンクリックでスマートフォンを最適化します。

– アプリの電力モニタを介して未使用のアプリをチェックすることにより、アプリごとのバッテリ使用状況を分析し、バッテリ電力を節約します。

– バッテリーを使い切っているアプリを特定します。

– ユーザーが長時間スマートフォンを楽しむことができるように、節電モードと最大節電モードを提供します。

– 不要なファイルを自動的に削除する機能を提供します。

– 必要なモードでGalaxyデバイスを設定します。最適化モード、ゲームモード、エンターテインメントモード、ハイパフォーマンスモードの4つのパフォーマンスモードからスマートフォンのパフォーマンスを向上させます。

– 効率的にRAMを管理し、解放します。

– マルウェア(ウイルス、スパイウェア)を検出し、スマートフォンのリアルタイム保護を提供します。そして

– お客様の利便性を考慮して、2つのウィジェットタイプとエッジパネルを提供します。

Playストアに現在公開されているバージョンは1.0.24.19で、Bixbyとアプリのアップデートボタンに関する問題が修正されています。Playストアで見つけることができますが、明らかに互換性のあるSamsungデバイスでのみ動作します。