テスラCEO Elon Musk氏は、「テスラ・キラーズ」と戦うためには「ハードコア」でなければならないと従業員に警告

テスラの「スタートアップの考え方」は、初期の成功の重要な部分であり、自動車業界の競合他社とは明確に対照的ですが、企業が成長するにつれ、一般的な企業のように伝統的な運営方法に移行します。

テスラはこの移行に対してある程度の抵抗を示しており、CEOのElon Muskは、同社がその使命を果たすためには、「ハードコア」な考え方を維持する必要があると述べています。

持続可能なエネルギーの出現を加速させるテスラの使命は、従業員にとって非常に重要であることは明らかです。

テスラと従業員は重要な役割を果たすという使命に関して情熱を持っていました。

数百人から数千人の従業員を維持するのは簡単ですが、最近では従業員数が3万人を超えています。これは最近の買収によって多くの人が集まったためです。

Muskが新しい従業員に渡そうとしている「Teslaの基本原則」の中で、彼は特定のポイントに「特別な注意を払う」べきだと主張しました。

自動車メーカーの中には自社の車両を「Tesla Killer」と呼んでいるものがありますが、それは主にメディアによって誇張された物語です。

しかし、ここで最も興味深いのは、Muskが、スタートアップに関連するこの「ハードコアの精神」を強化しようとしていることです。急速に3万人以上の従業員を抱える大企業になりつつあるためです。

CEOは長い時間働いていて、必要ならば工場の床で眠ていることでも知られていますが、従業員も同様レベルの意識が求められています。