新MacBook Pro登場確実!?ストアの配送時間に在庫制限の文字が表示

アップルオンラインストアは現在、タッチバー構成の現在の15インチMacBook Proの在庫切れになっています。出荷予定日は6月5日から6月7日です。アマゾンでは、15インチモデルの在庫状況の制約も報告されています。

6月5日は、イベントでのハードウェアリフレッシュを指すWWDCキーノートと同じ日になります。出荷時期の変更は、MacRumorsが最初に気付いたものです。 WWDCは通常ソフトウェアイベントですが、今回は新しいハードウェアの噂がいくつかあります。

タッチバー付き15インチMacBook Proは、6月5日までにはお届けできません。また、6月8日までに店内でお持ち帰りすることもできません。

Apple Online Storeで出荷日が過ぎると、すぐに新しいバージョンが登場するという良い指標になることがよくあります。それらの日付がアップルのイベントと一致すると、それはさらに強力なシグナルです。

アップル社のMacノートパソコンの小型リフレッシュが報告され、同社はMacBook Proを初めてKaby Lakeチップにアップグレードすると思われる。 13インチMacBook Proは現在通常通り出荷されているので、来週は15インチのみがアップデートされるかもしれないです。

12インチMacBookとMacBook Airのアップデートも噂されている。これらのモデルの在庫状況は、現在、通常のように見えますが、月曜日の基調講演に先立って変更する時期はまだあります。

Macを除けば、多くの人がWWDC 2017で新しいiPad Proを見ることを期待しています。これは10.5インチのディスプレイとより狭いサイドベゼルを備えたタブレットを備えた新しいiPadフォームファクタであろうか、はたまたシャーシ全体は9.7インチのiPad Proです 。

Amazon EchoへAppleのライバル対応に「Siri Speaker」も噂されています。この製品がどのようになるかははっきりしていませんが、Apple Musicのワイヤレス再生のスピーカー品質に重点を置くことが予想され、ライバル以上のコストがかかる可能性があります。

新しいハードウェア以外にも、カンファレンスは大きなソフトウェアイベントとなります。 Siriプラットフォームへのアーキテクチャソフトウェアのアップデートは、長い間噂されており、Siri Speakerハードウェアの発表につながっています。アップルは、iOS 11、macOS 10.13、tvOS 11、watchOS 4も発表する予定です。