アップル、Final Cut ProおよびiMovieのマイナーアップデート

0
356

Appleは木曜日、Final Cut ProとiMovieのアップデートをリリースし、いくつかの問題に取り組み、両方のビデオ編集アプリケーションの全体的な安定性とパフォーマンスを向上させました。

Final Cut Proバージョン10.3.4では、リリースと一緒に提供されるリリースノートに基づいて、キーボードショートカットを使用してセカンダリストーリーンをトリミングするときに発生した問題を解決しています。

このアップデートでは、特定の編集操作を行う際に追加のオーディオフェードインが導入される問題や、共有ダイアログにコーデック警告を誤って表示する問題も修正されています。

Final Cut Proの最新のメジャーリリースは、昨年、バージョン10.3の登場で登場した。バージョン10.3は、Appleの新しいMacBook Pro(Touch Bar付き)用に特別に設計された最新のユーザーインターフェイスを発表した。特に、編集ツール、オーディオ調整スライダ、クリップスクラブ機能などにタッチバーでアクセスできるようになりました。

iMovieに関しては、今日のバージョン10.1.6アップデートは、古いバージョンのソフトウェアで作成されたライブラリを更新する際の安定性を向上させるとAppleは言う。このリリースでは、トランジションを適用した後にクリップの音量を下げる可能性のあるバグも修正されています。

Final Cut Proと同様に、iMovieは昨年、Touch Barとの互換性を追加して、最新のメジャーアップデートを受賞しました。

Appleは4月にFinal Cut ProとiMovieをわずかに修正し、パフォーマンスを改善して最終更新しました。

Final Cut ProはMac App Storeから$ 299.99で、iMovieは古いハードウェアを使用するユーザーで$ 14.99で販売されています。コメント