ReaddleはSplit Viewでファイルのドラッグアンドドロップ機能をiPadでリリース

0
770

Readdleは、サポートされているiPads上でSplit Screenを使ってマルチタスキングを行う際に、独自のアプリケーション間でファイルのドラッグアンドドロップをサポートするための生産性ソフトウェアスイートを更新しました。ドラッグアンドドロップは、2年前にマルチタスクが導入されて以来、iPadユーザーがiOSで要求してきたデスクトップコンピュータの機能です。

新しい内部アプリのドラッグ&ドロップ機能は、Documents、PDF Expert、Scanner Pro、Sparkで利用可能になりました。 iOSはまだアプリケーション間のドラッグ・アンド・ドロップをサポートしていないので、Readdleは独自の方法を開発しました。

各Readdleアプリはローカルhttpサーバを起動します。ドキュメントは、Bonjour経由でサイドアプリケーションのhttpサーバーを検出します。サイド・リードドル・アプリケーションも同様です。ドラッグアンドドロップが開始されると、ソースアプリケーションはそのパートナーに接続し、その接続(ドラッグ可能アイテムのMIMEタイプ、サムネイルビュー、その位置など)を介してドラッグデータを転送します。 HTTPプロトコルとJSONが使用されます。ドラッグ&ドロップが終了すると、宛先アプリケーションはソースアプリケーションに接続し、http経由でファイルをダウンロードします。デスティネーションアプリは、ファイル接続のためのクレデンシャルで、ドラッグアンドドロップの完了時に第1チャンネルから取得します。

新しいファイルのドラッグアンドドロップ機能により、PDFを電子メールで送信したり、メニューをタップすることなく画像をPDFエディタでドラッグしたりするなど、タッチを使ってファイルを簡単に操作できます。現在のシステム全体の共有機能は、2つのアプリが並行して実行されている場合でもアプリ内拡張機能に制限されています。

Readdleの新しいファイルのドラッグアンドドロップ機能については、下記をご覧ください。詳細はこちらをご覧ください。