アップルの最新小売店では、見事な階段が登場、アップルパーク絵画、ボードルーム

0
873

シンガポールの最初のApple Storeは開店2日前に、同社はインテリアのプレスプレビューを提供しています。

欠けている特徴の1つは、伝統的にアップルの小売店の設計要素であったガラス階段です。代わりに石の階段として報告されているものがありますが、セラミックのものかもしれません。このデザインは、中国の南京店で最初に見られたもので、NYの再建された5番街の店舗に向いているようです。

CNETは手すりに注目します。手すりは、階段の螺旋状のカーブに沿って壁に刻まれたスロットで、とても見事です。

まれにしか見られないもう一つの特徴は、プライベートミーティングを目的とした会議室です。他のいくつかの店舗には、ビジネス顧客や時には個人とのミーティングに使用するものがありますが、見えなくなってしまいます。 Apple Watchの発売時に、彼らは金版モデルのプライベート試着予約を保持するために使用されました。

会議室にはApple Parkの絵もあります。