Apple、Nokiaとの特許紛争解決、Withings製品はApple Storeへの帰還

AppleとNokiaは本日、12月に始まった特許訴訟の和解に合意したと発表しました。両社は敵からビジネスパートナーに移り、すべての訴訟を解決したと述べた。

ノキアはAppleにネットワークインフラストラクチャサービスを提供し、AppleはApple StoreでNokiaのWithings製品を再度購入し、Nokiaの知的財産を使用するために継続的なライセンス料を支払う予定です。

当初の訴訟では、スマートフォンの携帯電話の設計と機能の多くの要素がカバーされ、Nokiaの特許ポートフォリオにはディスプレイ技術、アンテナ、チップセット、ユーザーインターフェイスなどが含まれていました。

アップルは、NewsroomのプレスリリースでApple COOのJeff Williamsから声明を発表した。ウィリアムズ氏は、Appleが今後Nokiaとの関係を拡大したいと述べた。

Appleの最高執行責任者(COO)であるJeff Williams氏は、次のように述べています。「私たちはこの紛争の解決に満足しており、ノキアとのビジネス関係を拡大することを楽しみにしています。

契約の内容は機密扱いだが、両社は定期的に会合し、両社のビジネス関係を「両当事者の利益」に見直すと述べている。

Appleは、今年後半には変わるが、Nokiaのデジタルヘルス製品を小売店やApple Online Storeで再販売する予定だが、現在Withingsブランドで販売されている。このリリースは、「デジタル・ヘルス・イニシアチブ」におけるアップルとノキアの今後のコラボレーションを示唆している。

ノキアの株価は、現時点では大幅に上昇しており、現時点では現金決済によって奨励されていると思われるこのニュースから、執筆時点で6.70%上昇している。

同社は、継続的なライセンス料に加え、Appleからの前払いを受け取ると述べている。次回の四半期決算の合意に照らし合わせて、投資家にビジネスの状況を通知します。