iPhone 8のタッチIDの場所が不明確なまま

iPhone 8は今月の生産確認テストに入っているようだが、Appleの今後の根本的に再設計された携帯電話に関するいくつかの細部については噂が続いている。

最近発見されたSneakleaks経由の回路図写真では、iPhoneシャーシには、デバイスの背面にあるAppleロゴの下にTouch IDの指紋が描かれています。このアイデアは、4月のリークで最後に見られました。しかし、噂は合意に至っておらず、iPhone 8 Touch IDの運命について多くの矛盾した報告がまだ残っています。

最新のリークでは、次のiPhone 8のリアケースが工場の回路図のように描かれています。垂直デュアルカメラシステムがはっきりと表示されますが、この特定のバージョンでは、フラッシュがバルジの下にあるように見えます。(他の回路図では、2つの虹彩に挟まれたバルジの一部としてフラッシュが描画されています)

最も重要なのは、この特定の投稿のためにApple IDの直下にTouch IDの形をした穴があることです。この漏れは、Appleが指紋スキャナをiPhone 8の背面に動かすことを明らかに示している。いくつかの回路図のリークやアナリストがこれを裏付けているが、サポートは決して普遍的ではない。

Appleが指紋センサをOLEDディスプレイに統合し、別個のセンサコンポーネントの必要性を排除し、スクリーンキャンバス上に表示されるバーチャルホームボタンを押すだけでユーザが認証できるようにするという要旨は引き続きある。ある時点で、アナリストは、それが実際にアップルの元の計画だが、生産のボトルネックは、より慎重な設計(リアタッチIDセンサー)が選択されたと述べた。

指紋センサのための第3の可能性のある位置も提案されている。事実、細長い電源ボタンを備えた他のiPhone 8ダミーユニットに基づいて、アップルが実際に指紋センサーを電源ボタンに組み込む可能性があるという理論が浮上しています。これは過去にいくつかのAndroidの携帯電話で採用されている技術です。

Venya Geskinによって提供された金型の写真では、電源ボタンの寸法の変化をここではっきりと見ることができます。

最もエレガントなソリューションであるため、ほとんどの人が指紋センサーをディスプレイに組み込むことを選択すると考えています。しかし、技術的な制限や歩留まりの問題により、今年理想的な設計でAppleが実行されない可能性があります。その場合、スキャナを電源ボタンに組み込むことは、バックシャーシの背面のタッチID穴よりも良いパスのように感じます。

iPhone 8のTouch ID運命については今日本当の結論を引き出すのは難しい。

新しいアイフォンには、より多くのアイデアと、複数の独立した情報源による繰り返しの裏付けによって、5.8インチの大型OLEDディスプレイ、ほぼベゼルのない前面、ステンレススチールのサイドとガラスバック、ワイヤレス充電、デュアル – カメラOIS、3D深度検知FaceTimeカメラ、強化された耐水性、Appleの最新SoC、A11チップ搭載などがあります。

10月まではデバイスが顧客の手元になく、今日のトップエンドのiPhoneよりも高い価格で販売されるかもしれないが、アップルは9月初めの秋のイベントで新型フラッグシップ・iPhoneを発表するだろう。

アップルはまた、iPhone 7とiPhone 7 Plusの内部アップデートに焦点を当てて反復的なアップデートを発表し、現在のモデルと同じ価格帯を維持する予定です。週末には写真が浮上し、2017年の3つのiPhoneすべてのサイズ比較が示された。