マイクロソフトは、クラッシュドロンを練習できるシミュレータを構築

0
301

マイクロソフトは、開発者が仮想環境でロボットやドローンをテストしてトレーニングできる新しいシミュレータのベータ版をリリースしました。現実世界のこのようなシミュレーションは、現実世界のナビゲーションの課題を正確に反映することを目的として、Microsoftによれば、現在市場に出回っているものよりはるかに進歩しています。

Unreal Engine上に構築されたAirSimはオープンソースであり、プラグインとして開発されました。 Microsoftが仮想トレーニングの世界への最初の一歩ではない – 同社は、人工知能にMinecraftの指示に従う方法を教えている。このプロジェクトのように、同社はブログ記事でAirSimが「実世界では時間がかかり、かつ/または危険な複雑なミッションを研究し、実行することができる」と述べています。デザインを改善するための実用的な情報を提供します。

AirSimはあなたの平均的なビデオゲームよりも細かいフレームレートを持っているように見えますが、これは恐らく物理的に関連した数字が背景の背後にあるためです。スムーズなビデオは、ローターブレード形状のぎこちな空気力学的効果や、それ以外の場合には風洞での時間をかけて試験して試験することができる他の細部ほど重要ではありません。

ベータ版では、AirSim(フレンドリーで空白の近所のように見える)は、単独でドローンの州です。しかし、マイクロソフトはこのプロジェクトを担当しているMicrosoftの研究者であるAshish Kapoorは、「あらゆる種類の自律型車両」がプラットフォーム上でテスト運用を受けることができる、それほど遠い未来を想像していると、The Vergeに語った。これは、建設よりむしろ「可能にする」とサポートの1つになることを望む自家用車に関する全社的な戦略に反映されるだろう。

マイクロソフト社は、GitHubにツール全体を無料で提供している。

https://github.com/Microsoft/AirSim