Appleは来月ホワイトハウスで会う企業の間で、政府の近代化、移民などについて会合

アップルは、今後数週間、ホワイトハウスへの訪問を再開したいという。 Recodeの新しいレポートによると、Appleは来週、ホワイトハウスの関係者と会い、近代化、大規模なデータ、高度に熟練した移民について議論するという。

同報告書には、Apple、Google、Facebook、その他のハイテク企業が参加することが説明されている。それはトランポンプ大統領が政府と市民のサービスを近代化し、トランプの息子のジャレッド・クシュナーが率いる努力である、新しいアメリカン・テクノロジー・カウンシルの下にあります。

このミーティングでは、廃棄物や不正行為に対処するための機械学習や分析などのものに焦点を当てます。ホワイトハウスはまた、エンジニアが特定の作業のためにホワイトハウスで短い時間を過ごすことを可能にする「交換」プログラムに興味を持っていると言われています。

ホワイトハウスがアメリカン・テクノロジー・カウンシルをどのように描写しているかは次のとおりです。

米国の人々は、問題を効果的に解決する直感的なデジタル体験を通じて、民間企業のベストプラクティスと同じように政府とやりとりすることができます。

ホワイトハウスは、現在の状態では、多くの連邦機関が「時代遅れのウェブサイト、役に立たないコールセンター、数千ページの紙ベースのフォームによって定義された非常に貧しい経験」を提供していると言っている。

トランプ・アドミニストレーターは、アップルのようなシリコンバレー企業の助けを借りて、政府サービスをより直感的で、使いやすく、効果的にすることを望んでいます。

この会議は、アップルがトランプ政権の関係者と会うための旅を初めてしたことはない。 12月、ティム・クックはトランプ・タワーを訪れ、移民、中国、雇用創出について、数名の技術幹部に加わりました。さらに、Cookは別にTrumpの息子のJared KusherとIvanka Trumpと会談しました。Appleの環境、政策、社会イニシアティブのリサ・ジャクソンの出席者も出席しました。

アップルとクックはこれまでトロンポルズ大統領の移民行為にボーカルに反対していたが、この会議に出席する理由は傍観者よりもゲームにいる方が良いと考えている。これはAppleの従業員の手紙で説明されたものです。

アメリカン・テクノロジー・カウンシルの第1回会合が6月19日に行われる予定です