モデルSとモデルXのためのTeslaの新しいスーパーチャージャーアクセスの理解

0
407

今年初めに導入された有料使用モデルは、年間400 kWhの無料スーパーチャージャークレジットが、購入されたすべての新車でスーパーチャージャーネットワークにアクセスできるデフォルトモデルとなっています。

2017年1月15日以前に発注された車両所有者の場合、車両は何も変わりません。また、車両の寿命については、無料のスーパーチャージャーを搭載した元のスーパーチャージャーアクセスプログラムには依然として対応しています。

2017年1月15日以降に発注された車両の変更点は、今年は無料のスーパーチャージャークレジットで400kWhの有料モデルからだけでなく、テスラモデルSまたはモデルXオーナーシップ – オリジナルの無料スーパーチャージャーアクセスモデルとは異なり、無料アクセスは車両の代わりにオーナーに関連付けられています。

言い換えれば、2017年1月15日以降に新しい車を購入したTesla Model SまたはXのオーナーは、今すぐSuperChargerの無料アクセス権を持ち、今後購入する他のモデルSまたはX(モデル3ではなく)にアクセスできます。彼らが将来的にアップグレードすることを決定した場合、現在の車両は新しい所有者のための無料のスーパーチャージャーアクセス権を持ちません。

これは、テスラが無料のアクセスプログラムを維持する一方で、テスラの所有するテスラ艦隊の増加により持続不可能にならないようにするための手段です。

2017年1月15日以前に製造された中古車はまだ「無料のスーパーチャージャー」と表示されていますが、今すぐ購入することができますが、実際にはスーパーチャージャーに無料でアクセスできたとしても 。

したがって、現在のすべての所有者をカバーします。彼らは現在、車両の代わりに所有者に関連する無料のスーパーチャージャーアクセスの新しいカテゴリに属し、1月15日以前に注文された車両は所有者に関係なく無料アクセスが可能です。

今では新しい車を購入していて、以前にテスラを購入していない新しいオーナーの場合、既定のモデルは前述のように1年あたり無料のスーパーチャージャーで400kWhのペイパーユースモデルですが、車両の代わりに所有者に関連するモデルの下でスーパーチャージャーネットワークへの自由なアクセスを含むようにする。

したがって、新しいモデルSまたはXの購入者が紹介コードを使用している限り、彼らは無料のスーパーチャージを受けることができます。(通常1,000ドルの紹介割引に加えて)