iOS 11のコンセプトはiPadユーザー向けに新しい生産性機能、Finderアプリなどを想像

0
416

サムベケット氏がデザインしたこのコンセプトは、主にiOS 11でiPadにもたらされる生産性の機能に焦点を当てています。

コンセプトの見出しは、システム全体のドラッグアンドドロップのサポートです。現在のところ、iOSはこの機能を無作為にサポートしていますが、オペレーティングシステム全体でドラッグアンドドロップを使用できるようにすることで、アプリケーションやドキュメント間で画像、テキスト、ファイルなどのコンテンツを簡単に移動できます。

ドラッグ&ドロップの構築は、新しい "シェルフ"の機能とインタフェースです。これは、ユーザーがコンテンツをディスプレイの上にドラッグし、後で利用できるようにユーザーがコンテンツを保存する場所を提供する場合に表示されます。たとえば、曲、画像、またはアプリをシェルフに保存し、後で他のアプリケーションからすぐにアクセスすることができます。

Split Viewアプリピッカーも再設計されています。この機能のための現在のインターフェースは、ユーザーが長いアプリケーションリストを縦方向にスクロールして、探しているものを見つけることができます。これはiPad上のiOSに関する私の最大の問題の1つであり、再設計は長く遅れています。

このコンセプトで想像したピッカーは、ユーザーにホームスクリーンで見られるようなアプリケーションのグリッドと、簡単にアプリを検索するための統合されたSpotlightを提供します。最近使用されたアプリも、カードインターフェイスの下部に表示されます。ここで想像したインターフェースは、Appleが実際に出荷したものよりもはるかに優れており、ここではこのコンセプトを見てほしいと考えています。

MacStoriesはまた、AppleがFinderアプリをiPadに持っていく可能性を想像している。 iPadはファイルシステムを必要としないと最初は主張していたが、iCloud DriveのようなものをiOSに持ち込んで意見がばらばらになった。 iPad上のFinderを使用すると、ユーザーはアプリケーション間のドキュメントを追跡し、フォルダを作成し、クラウドに格納されているものを管理するための一貫したインターフェイスを持つことができます。

最後に、このコンセプトは、さまざまなデザインの調整、Safariでの拡張機能のサポート、Notesとコントロールセンターの改善などを示しています。

Appleは来月WWDC 2017でiOS 11を、10.5インチiPad Proと一緒に紹介する予定です。