2019年のiPhoneモデルは、タッチ機能と統合されたOLEDスクリーンでより薄く軽量化!

0
127

サプライチェーンのレポートによると、Appleは新しいタイプのスクリーン技術を使用し、2019年のiPhoneモデルのうちの少なくとも1つを薄く軽量化する予定だといいます。



2019年のiPhoneモデルは、タッチ機能と統合されたOLEDスクリーンでより薄く軽量化!

この報告書によると、Appleは、現在のiPhoneの画面とは構造が異なるタッチ式のフレキシブルなOLEDパネルを使用することを決めたといいます。

現在の画面では、ディスプレイ自体の上に別個のタッチセンシティブレイヤーを使用していますが、OLEDスクリーンにタッチ・センシティブを統合することで、デバイスの薄さと軽量化を実現することができます。

ETNewsによると、この技術はY-Octaというブランド名でSamsungによって製造されるだろうといいます。

サムスンディスプレイはタッチ式のフレキシブルな有機発光ダイオード(OLED)パネルをAppleのiPhoneに供給していますが、今後 'Y-OCTA'と呼ばれる新しいSamsung OLEDが2019年に供給される事が予測されています。

業界の情報筋によると、アップルは新しいiPhoneにタッチ式フレキシブルOLEDパネルを適用し、サムスンディスプレイの開発と製造を依頼しているといいます。サムスンディスプレイは、関連する企業とのパートナーシップを締結し、ディスプレイを作るための部品や材料を開発し始めているといいます。

このレポートによると、この技術は来年の提供準備で勧められているといいますが、初期の供給は限られており、新しいスクリーンは来年のハイエンドモデルでのみ使用されることが予測されています。しかし、タッチセンシティブレイヤーよりも安価であることが期待されるため、将来的に供給が確保できれば、すべてのモデルに展開される可能性もあります。

サムスンは3月、同社のOLED受注を維持する手段として、今回のアイデアをAppleに提示したと伝えられています。 サムスンは現在、iPhone XとiPhone XS / XS MaxのOLEDパネルの独占的サプライヤですが、AppleはLGを第2のサプライヤとして迎え入れることに取り組んでいます。