Android Devsは、SafetyNetを通過しないデバイス上のアプリインストールをブロックできるようになりました

0
559

先週の週末、Netflixはルートデバイスとロックされていないブートローダを持つデバイスがアプリケーションをダウンロードできないようにしたため、ニュースになっていました。 Netflixは、Googleのセーフティネットを通過しなかったデバイスのPlayストアからのアプリのインストールをブロックすることをすぐに確認しました。今、Googleはすべての開発者が同じことをより簡単に行うためにGoogle Play Consoleを更新しています。

I / O 2017では、GoogleはPlay Consoleに新しいツールを追加しました。これには、アプリケーションのパフォーマンスをチェックしたり、インスタントAppsを公開したりする新しい方法が含まれています。 Googleがステージ上で言及しなかったものの、サポートページに投稿したことの1つは、SafetyNetの基準を満たさないデバイスにアプリケーションをインストールすることを簡単に制限できることです。

これらの新しいツールにアクセスするために開発者が行う必要があるのは、少なくとも1つのAPKをコンソールにアップロードすることです。制限を設定したいアプリケーションを選択したら、サイドメニューに進み、リリース管理の横にある矢印をクリックして、デバイスカタログを選択します。これは、開発者がAndroid搭載の携帯電話、タブレット、テレビ、スマートウォッチの機能を把握できる新しい場所です。

画面の中央には、「Excluded Devices」というラベルの付いたボタンがあります。そのセクションに入ると、開発者はSafetyNetに基づいてアプリケーションを除外しないか、基本的な整合性を満たさないデバイスを除外するか、または両方から完全に除外するかを選択できます。

簡単に言えば、Googleは開発者に、ルートされている、カスタムROMを実行しているユーザー、またはロックされていないブートローダがPlayストアからアプリケーションをダウンロードするのを簡単にブロックするツールを提供しています。そのようにするのは簡単なので、もっと多くの開発者がこのルートに進むことを決めると驚くことはありません。

ありがたいことに、これはGoogleのSafetyNet APIと同じではありません。 Google Playストア側でブロックされているアプリケーションは、引き続きAPKとしてサイドロードされ、通常どおり使用できますが、Android Payなどのアプリケーションは完全なAPIで動作するため、デバイスがSafetyNetの基準を満たしていないと動作できません。