ネイティブIFTTTの統合はGoogle Assistantに表示され、ユーザーはアプレットを作成できる

0
382

IFTTTの統合はアシスタントに含まれていました。その機能は現在、デバイスの1つにポップアップしており、ユーザーは簡単に新しいコマンドを作成して既存のコマンドを管理することができます。

ピクセルの下に、新しい "ティーチアシスタント"オプションがあります。一番上に、「何かを言いなさい」または「何かする」ことができるコマンドを作成する能力があります。他のアクションを実行するために、ユーザーはIFTTTモバイルWebアプリケーションに送信されます。既存のアシスタント関連のIFTTTコマンドも自動的に以下のリストに表示されます。

いずれかのコマンドをタップすると、作成プロセスが進行します。 「Do something」の最初のフィールドでは、「Ok Google」コマンドを実行する必要があるかどうか、「Play We Will Will You by Queen」などの対応するGoogleアシスタントのアクションが表示されます。

アシスタントが基本的な「Ok Google」クエリを実行するときに何をすべきかを尋ねる、「Say Something」はより基本的です。両方とも、コマンドを有効にせずにコマンドを保存するオプションがあります。