Geofences vs.ビーコン:モバイルマーケット担当者にとって良いアプリは?

0
518

 

ルールベースのサービス市場は2018年に38億ドルに達すると予想されます。ユーザーが特定の地域にいるときに電話やそのほかのモバイルデバイスで通知を行う機能、Push通知の種類について記載したいと思います。この通知機能は、お気に入りの店舗やその他の有用な情報が歩いているときに売りに関するアラートを送信することができます。たてえば、新しい都市の空港に到着した時、そこのホテルやトップの観光スポットに関する通知をすぐに受け取ったるすることができます。

ルールベースのメッセージは、タイムリーで関連性のある情報を送信することができるため、人気があり、効果的な方法になっています。それが非常に強力なのは、ほんのどの人が24時間、モバイルデバイズを持っているため、彼らは事実上、配信のために捕虜ているようなものです。しかし、この仕組みを効果的に利用するには、慎重に検討する必要があるさまざまな要素があります。その中で最も重要なのは、技術(ジオフェンスまたはビーコン)が適していることです。



ジオフェンスとビーコン:ロケーションベースのメッセージングへの2つのパス

 

ビーコンは、携帯電話やタブレットが近くに来て、出る小型のデバイスです。ビーコンはサーバーに信号を送信し、サーバーはPUSH通知はプリ内張をデビースビーコンを使用する利点は、それなりに信じられないほど程度が屋内でうまく動作することです。そのため、店舗での使用に適しています。店舗の所在地から別の場所へ移動するとき、通知を受取ることができます。しかし、ビーコンを使用することの欠点は、配置が難しいことです。特に、多くの場所でそうしようとしている場合は、厳しです。

モバイルマーケティング担当者の2番目の選択肢は、ジオフェンシングを使用することです。ジオフェンスは、特定の場所を囲む仮想フェンスです。その場所は非常に小さいから(単一の店舗など)、信じられないほど大きい範囲を指定することもできます(都市全体など)。ジオフェンスは特定の建物や特定の場所範囲で設定します。空港シナリオのような状況での使用には理想的です。

 

ジオフェンスとビコン:モバイルマーケティング担当者には何が良いでしょうか?

ビーコンとジオフェンスがありますが、実際にはモバイルマーケティングでは、ジオフェンシングが一般的には良い方法です。

ジオフェンスにはビーコンに比べて多くの利点があります。たてえば、それを使用すると、すべての処理がエンドユーザの携帯電話によって行なわれます。つまり、ハードウェアを必要としません。これにより、通常はバックドアで処理するため、デプロイメントはずっと簡単になります。それだけでなく、ジオフェンシングは、モバイルマーケット活動の成功を確実にするために必要な豊富な分析にもアクセスできるようになります。

ジオフェンシングを使用してマーケティングを強化し、パーソナライズするためのさまざまな方法のいくつかを想起させるのに役立ちます。