Google マップ Android版はリアルタイム移動情報の共有が改善!

0
154


近年、モバイルGoogleマップは、Googleマテリアルテーマ、探検、通勤、そして最近のEV充電ステーション表示追加などで再設計されました。 Androidアプリは、またリアルタイム移動情報を改善しています。

Googleマップアプリでリアルタイム移動情報を共有したい場合は、メニューの「現在地の共有」から共有したい相手を指定し、ライブロケーション、ルート、ETAを送信できます

今日のアップデートでは、Facebookメッセンジャー、LINE、WhatsAppなどのサードパーティのアプリで共有することもできます。これにより
よくつかうプラットフォームで、友達とコミュニケーションを取ることができます。

Googleマップで開くと、共有されたユーザーは、共有元のユーザー名、アバター、および現在の交通手段が記載されたリアルタイム移動状況を確認できます。

運転に加えて、歩行とサイクリングナビゲーションでもリアルタイム移動状況の共有が可能です。このアップデートでは、ETAを共有するプロセスが簡素化されているため、ユーザーは手動で行う必要はありません。