GoogleアシスタントはまもなくiOSに登場、I / Oでアナウンス?

Googleアシスタントは、Google Pixelでデビューして以来、過去数ヶ月にわたってかなり拡大しました。サービスはGoogle Home、Allo、および現在市場に出回っているAndroid携帯の大部分に移行しています。今、Googleのもう1つの拡張を計画していると思われ、AppleのiOSでデビューする可能性がある。

AndroidPolice によると GoogleはアシスタントがiOSへの道を開いていると発表する予定で、今週Google I / Oとなると発表する予定だ。それは確かにこの発表をするのに最も適した場所だが、時間枠がかなり分かりにくいので、Googleが何を考えているかは不明だ。

iOSのアシスタントは、最初は米国でのみ起動し、これまでに見たものとは少し異なるスタイルを採用します。明らかに、iOSバージョンのサービスはAndroidで見られるのと同じ音声コントロールを持つが、Alloメッセージングアプリで現在見つかっているチャットスタイルも使用する。 iOSのアシスタントは、プラットフォーム上のGoogleの現在のサービスの拡張版ではなく、独自のアプリになると思われます。

この動きは一見してGoogleにとって意味をなさないかもしれませんが、それはより大きな画像で行います。 GoogleはアシスタントSDKを立ち上げ、開発者がアシスタントを自分のデバイスで使用できるようにしました。また、「Googleのアクション」プラットフォームも拡大し続けています。アシスタントをスマートフォン市場の主な競合相手に迎え入れることで、開発者はそれを開発するインセンティブをさらに得ることができ、みんながそれにアクセスできるようになります。