アップルはミラノのフラッグシップ店を計画

0
993

1月に戻って、イタリアのミラノに屋外の円形劇場を持つ新しいフラッグシップ店を計画していたことを聞いたところ、同社はその計画を確認しました。

それは正方形のアイデアがいっぱいになるでしょう。何世紀にもわたって創造性と革新性を兼ね備えたミラノの中心にあることは信じられないほど喜んでいます。来月には皆さんに休憩をとり、友人と会い、新しい興味を発見するためのオープンスペース、新しいリバティースクエアをご提供します。

店は円形劇場の下に座り、噴水の真ん中に降りる階段を使って入ります。

店はそこにありますが、あなたはそれを見ません。オリジナルの建築的なソリューションのおかげで、居心地の良い屋外の円形劇場の下に隠されています。あなたの情熱を分かち合い、新しいものを発見し、あなたのスキルを深めるのに最適な場所になります。

あなたは大きな噴水を形成する2つの背の高い壁を通って店に入り、伝統的なイタリアの広場への敬意を表します。

店舗はApple Piazza Libertyと名付けられ、ミラノ1-20121 Liberty広場にあります。 Appleは店舗の完成後に広場を再建する費用をカバーするために€768k($ 843k)を支払うとされていると報じられている。また、正方形の使用のための年間賃料は€127k(140kドル)である。開幕日はまだ発表されていません。

これは、Apple Storeが友人に会うための新しい場所になるというアイデアを実際に理解している最初の店です。通常は混雑したインテリアで、紅茶やコーヒーはいらないが、今日のアップルのイニシアチブの側面は少しばかり見えたが、店舗の屋根が広場のような場所では、そのアイディアははっきりと機能する。 Appleはまた、ワークショッププログラムの範囲とプロフィールの両方を拡大しています。