Google、広告ネットワークの厳格な管理を約束

0
385

Googleは、オンライン広告が表示される場所を厳重に管理することを約束して、違法で不快なウェブサイトに資金を提供しているという広告主の懸念に対処しようとしました。

インターネット大手の広告ネットワークであるAdSenseは、ウェブサイト全体をターゲットにするのではなく、ページごとに広告を削除します。

Googleは、ポルノ、暴力的な画像や違法薬物販売の横に広告が表示されないようにするためには、「外科手術」を行うような事だと語った。いくつかの主要ブランドや団体が、犯罪者や過激派が広告から利益を得ていることを懸念して、Googleから広告を引き上げた事によるものです。

AdSenseネットワークでは、ウェブサイトに小さなコードをインストールすることで、個々のウェブサイトで広告収入を得ることができます。 Googleは広告を運営し、収益はウェブサイト運営者とGoogle自身の間で共有されます。

AdSenseのビジネスは近年急速に成長しています。 Googleは、昨年、ウェブサイトの所有者に$ 110億(800億円)を支払ったとし、2012年には$ 2bnを支払ったと述べた。

ウェブサイトがポルノ禁止、薬物や武器の販売、賭博や嫌悪感を与えるなどGoogleのポリシーに違反している場合、AdSenseネットワークからブロックされる可能性がありますが、過去には個々のウェブページではなくウェブサイト全体がブロックされていました。

同社は、繰り返しルールを破り、攻撃的なページの隣に広告が表示されるというリスクを冒さない限り、ウェブサイト全体をブロックすることに消極的であることがあります。

個々のページをブロックすることで、より迅速に行動できるようになるという。

「ページ・レベルの行動は、私たちが政策行動をどのように取るかについて、より外科的に扱えるようにします。 Googleが特定の数字を必要としないので、もっと早くできる」と語った。持続可能な広告のGoogleディレクター、スコット・スペンサー氏は言う。

彼は、最近の論争による広告主からの反応は、Googleがこの動きを起こした理由の1つであると述べたが、ポリシーに違反した場所についてより明確になることによってウェブサイトの出版者にとっても有益であると述べた。

YouTubeのウェブサイトで過激化を促進する動画の前に、大手ブランドの広告が掲載されたことが明らかになった。英国政府、広告大手のHavas、Marks&Spencer、McDonald’sは、数億ドルの収入を脅かす広告主の中にYouTubeから完全にビジネスを引っ張っていた。

Googleは、最近、YouTube動画が広告を運ぶことができるものを制限し、スタッフを積極的に探して不適切なコンテンツを探すことで対応しました。

先月、Googleの親会社であるAlphabet社の調査結果は、このスキャンダルが22pcから248bnに上昇したことによる影響をほとんど受けていないことを示した。