AppleはApple Watch Series 4を公式発表!大型ディスプレイ、薄型ボディ!

0
165

アップルは次世代のApple Watchを公式に発表した! Apple Watch Series 4と呼ばれるこのデバイスは、より小さなベゼルを備えたより大きなディスプレイを特長としています。



AppleはApple Watch Series 4を公式発表!大型ディスプレイ、薄型ボディ!

シリーズ4の発表に先立ち、ティムクック氏は、アップルウォッチはスマートウォッチの中だけでなく、世界一のウォッチとなったと宣言しました。 その後Apple COO のJeff Williams氏は、Apple Watchシリーズ4が、30%の大型ディスプレイとより薄いデザインになり、Apple Watchの接続性、フィットネス、健康機能をさらに向上していると発表しています。

Apple Watch Series 4の機能

  • 新しいデザイン
  • 拡大表示
  • 新しいUI
  • ハプティックを備えたデジタルクラウン
  • 2倍の高速パフォーマンス
  • 50%大きなスピーカー
  • ECGアプリ付き電気心臓センサー
  • 防水
  • Bluetooth 5.0
  • 光心臓センサー

モジュラーウォッチフェイス機能では、MLBやLifesumなどのサードパーティアプリを表示でき、より詳細で複雑さな構成で再設計されています。 Breatheアプリケーションも独自のウォッチフェイスになっています。

ウィリアムズ氏によると、水面のように、より大きなディスプレイと一意に相互作用する新しいダイナミックウォッチフェイスであると述べています。

ハードウェアの面では、デジタルクラウンがハプティックフィードバックになりました。たとえば、Podcastアプリケーションでコンテンツをめくるときなどの感覚を体感できます。ウィリアムズ氏によると、スピーカーの音量は50%改善しているといいます

Apple Watch Series 4は、また、パフォーマンスを最大2倍向上させる新しい64ビットプロセッサを採用しています。

次世代の加速度計ジャイロスコープもあります。これは、Apple Watchが落下を検出でき、落下を検出すると、Apple Watchは緊急サービスに電話するよう促すアラートを送信します。 1分以上動かない場合は、自動的に通話が開始されます。

心臓機能に関して、Apple Watchは低速を検出することができるようになりました。また、心臓リズムをスクリーニングし、心房細動を検出することもできます。

予想通り、Apple Watch Series 4は心臓の電気的活動を測定するECGもサポートしています。 Apple Watchでは、デジタルフェイスウォッチの上に直接指を置いてECGを利用できます。この機能では心拍数の不規則な検出ができ、FDAクリアランスを取得しています。

ウィリアムズ氏は、すべての健康とフィットネス情報はデバイス上とクラウドで暗号化されていると言います。 Apple Watch Series 4のバッテリー寿命は従来の18時間と同じです。屋外トレーニング時間は現在6時間です。

価格とオプション

アルミニウム:スペースグレー、シルバー、ブラック
ステンレススチール:ゴールド、ポリッシュブラック、スペースブラック
価格はGPSモデルで399ドル、携帯電話で499ドルで始まります。プレオーダーは9月14日から可能です。