サプライチェーンレポートは、iPhone 8の顔認識カメラの噂をサポート

0
358

韓国経済日報(The Investor経由)のサプライチェーンレポートは、iPhone 8に顔認識が可能な3Dカメラモジュールが含まれるという噂を支持している。

同レポートによると、モジュールはLGイノテック製で、iPhone 7 Plusのデュアルカメラモジュールは、200億ウォン(177万ドル)の初期注文で製造されるという。

これは、同じソースからの以前のレポートをエコーしますが、より具体的です。

4月27日に発表されたLGイノテックの新規設備投資額は、2697億ウォンで、アップルの注文に専念する予定だ。最初の取引規模は約2000億ウォンと推定されている。

KGIは最初、iPhone 8には革命的なフロントカメラと赤外線モジュールが搭載されていることが示唆されました。このテクノロジーのアプリケーションには、顔認識、虹彩認識、3Dセルフが含まれます。ハードウェアは、2013年にAppleが取得したPrimeSenseによって開発されたアルゴリズムを使用する予定です。

あるアナリストは、3Dカメラシステムは、赤外線カメラと一緒にレーザーセンサーを使用することができ、ジェスチャー認識と顔の識別に使用できると考えています。

最近のiPhone 8のレポートには、Apple Watchで使用されていたものと同じガラス、iPhoneが起動したときの在庫不足の可能性があるiPhone 7よりもやや厚いボディが含まれています。今日、新しいiPhoneのためのA11チップの生産が進行中であると報告されました。