業績:ファイザー2017年第1四半期

0
1078

ニューヨーク州に本拠を置く製薬会社Pfizer(PFE-Free Pfizer Stock Report)は、第1四半期の利益は0.51ドルで、前年同期の0.49ドルに対し報告しています。 (-13%)、SG&A(-2%)およびR&D(-1%)の支出が減少したため、売上高は前年比で2%減少しました。一方、ワンタイム・ゲイン、チャージ、その他の非経常的な項目を除いたウォールストリートの調整後利益は、2016年には0.67ドルに対し、0.69ドルとなった。調整された計数は、しかし、これはPFEの株式がリリースでは控えめに取引されているため、かなりのトップラインミスで大部分が影を落としているようだ。

3月の売上高は前年比2%減の127億8000万ドルでした。経営陣は、2016年の第1四半期と比較して、米国で1販売日がより少なく、国際市場で2販売日が約3億ドルのマイナスの影響を受けたことを示しました。ポートフォリオを見ると、新薬特許保護医薬品を販売している同社の革新的なヘルス部門は、前年比5%増の7.42億ドルの売上を達成しました。 Compsは、主要資産であるIBRANCE(+ 58%)およびELIQUIS(+ 51%)が引き続き堅調に推移したことにより恩恵を受けた。 9月のMedivation買収に起因するXTANDI収入の追加、 XELJANZ(+ 27%)と第2位の売り手LYRICA(+ 12%)の寄付が増加しました。しかし、プレニルナイトワクチンフランチャイズ(-8%)、ENBREL(-20%)海外ジェネリック侵食、フェージングブロックバスターVIAGRA(-17%)の国内売上高の低迷により、さらなる利益は緩和されました。一方、ファイザーのエッセンシャル・ヘルス部門は、主にオフ・パテントではない薬剤を販売しており、売上高は前年比10%減の53億6000万ドルとなりました。これは主に、Peri-LOE製品が25%減少し、Legacy Establishedセグメントが7%減少したことによるものです。

第1四半期の報告書に続いて、経営陣は、2017年通期の調整後利益見通しを、1株当たり2.50ドルから2.60ドルと再表明した。この範囲は、売上高520億〜540億ドル、販売費及び一般管理費137億〜147億ドル、研究開発費75億〜80億ドルを反映しています。我々は、次の数四半期にわたりcompsを支援するために、優れた資産IBRANCEおよび最近の買収(AnacorおよびMedivation)を中心にファイザーの急速に成長する腫瘍学事業(3月の売上高+ 35%)を探します。昨年のIBRANCEの売上高は昨年、21億ドルに達し、ピーク時には50億ドルに達すると予測されています。同社は2016年にアナカールとメディエーションに約200億ドルを拠出しましたが、前述のポートフォリオの圧力の一部が継続すると、経営陣が今年別の大規模な取引を今年実施した場合、驚くことはありません。

私たちは、ファイザーを大手製薬業界の魅力的なコアとして引き続き見ています。同社は強力な財務、高級なファンダメンタルズ、印象的な実績を持っています。平均以上の配当と継続的な株式買戻しの期待は、株主価値を高めるものでなければならない。

会社概要:ファイザーは医薬品の主要な生産者です。同社は、ヘルスケア製品の発見、開発、製造に従事しています。重要な製品名には、ライカ(神経および筋肉の痛み); PREVNAR(ワクチン); ENBREL(関節炎、乾癬など); IBRANCE(進行性乳がん)およびCELEBREX(変形性関節症、関節リウマチ)。同社は2015年に注射可能な製薬会社Hospiraを買収し、2016年には医療機器メーカーのMediateを買収した。