iOS 10.3とシアターモードの噂


金曜日の噂では、Appleが1月初めにiPad向けの「iシアター」と呼ばれる新しいデバイスモードでiOS 10.3の最初のベータ版を準備しているらしいです


米アップル社のハードウェア担当者、ソニー・ディクソン氏は、ソースコードを引用しないで、コントロールセンターの「ポップコーン型」のアイコンを介して、今後のベータ版のいわゆるシアターモードにアクセスできると述べた。

正確には、シアターモードの成果や仕組みは不明ですが、その名前は映画館での使用に適した一連のデバイス設定を示唆しています。たとえば、システム音や触覚フィードバックをすばやく無効にしたり、着信した通話やメッセージをブロックしたり、ムービー中に初期画面の輝度を下げたりすることができます。

アップルは、手動で起動されるシアターモードとは異なり、カスタマイズされた電話機を起動する位置認識ソリューションを記述しています電話機のGPS位置とセルラ三角測量に基づいて自動的に設定されます。

Dicksonは、劇的なシアターモードの噂以外にも、1月10日の火曜日に最初のiOS 10.3ベータ版が開発者に配布されると主張している。

その日付は、AppleInsiderのサイト分析と一致しています。これは、最近「iOS 10.3」としてプロビジョニングされたソフトウェアを実行しているデバイスからの訪問が急増していることを示しています。数か月前の最初と散発的なヒットの後、iOS 10.3デバイスからの訪問は過去1週間で頻繁になりました。

Appleの現在のモバイルオペレーティングシステムバージョンであるiOS 10.2は、今月初めに、新しい絵文字、iPhoneの音楽、そして同社の新しいテレビアプリケーションを搭載して発売された。最近、Appleは先週公開されたテスターにiOS 10.2.1の第2ベータ版をリリースし、マイナーなバグ修正とパフォーマンスの改善を行った。