アップルは、バッテリの問題が拡大/拡大しているApple Watch(1st gen)モデルのサービス範囲を3年間に延長

0
468

アップルは、バッテリの問題が拡大/拡大しているApple Watch(1st gen)モデルのサービス範囲を3年間に延長し、顧客がデバイスに付属する1年間の無償保証期間を超えてさらに2年間サービスを提供するようにしました。

初代のApple Watchモデルで膨らんだ電池や拡張された電池に関する問題は、この問題を経験しているユーザーがオンラインで文書化しています。たとえば、AppleのサポートフォーラムやRedditなどでこれを紹介していますが、普及していないか、メディアの見出し。

アップルは、通常、2年(1年間の限定保証を超えるすべてのデバイスに対応)の修理のために、すべてのデバイスをカバーするサービスプログラムを提供しているため、Apple Watch first-genの拡張そのカバレッジは他の製品のカバレッジを超えてさらに1年間です。

この変更は、第1世代のApple Watchが2015年4月24日に導入されてから2年を経過したときに行われます。