IDC:RED iPhone 7とSEの発売に伴い、AppleのiPhone販売台数は第1四半期も横ばい

0
601

IDCは本日、第1四半期の世界的なスマートフォン市場に関するデータを発表しました。これは、新製品(RED)iPhone 7の導入後、第4四半期にAppleが大幅に横ばいであったことを示しています。残りの市場が同四半期中に4.3%増加したため、Appleは堅調に推移しました。

IDCのデータによると、同四半期のAppleの出荷台数は5,160万台で、前年同期の5120万台からわずかに増加した。

アップルの出荷台数は第1四半期に5160万台に達し、前年同期の5120万台からわずかに増加した。第4四半期の好調な休暇は、iPhone 7 Plusが多数の地域のほとんどのチャンネルで在庫に戻ったため、1月に持ち越されました。 Appleは、より多くのストレージ容量(32GBと128GB)を備えた最新のiPhone SEを発表し、中間層デバイスを残りのiPhoneポートフォリオに合わせました。クパチーノを拠点とする同社の巨人は、iPhone 7と7 Plusの両方を新しい赤い仕上げで塗装する(製品)RedをiPhoneに持ってきて、その旗艦型スマートフォンをリフレッシュした。最後に、スペシャルエディションの10th anniversary iPhoneの噂は、新しいデザイン、画面サイズ、パフォーマンスのアップグレードがすべて秋に向けて登場する見通しです。

Appleは3月21日に新しいProduct(RED)iPhone 7と7 Plusモデルを発表しましたが、IDCの第1四半期のデータには、特別版モデルの製造数や販売数量が反映されていません。また、ストレージオプションを増やした最新のiPhone SEモデルも発表し、3月24日に発売された(IDCのデータは2017年4月27日まで出荷を追跡している)。

三星(サムスン)はまた、第3四半期の第1位を維持し、第3位に出荷された7,920万台、第4位の華為(第4位、OPPO)、第5位のインビボで、インビボで順位を上げている。

Appleは2月2日に第2四半期決算を発表した。 Appleは784億ドルの売上高を計上し、7830万台のiPhone、1,300万台のiPads、530万台のMacを販売した堅調な休暇期間の後、収益は515億ドルから535億ドルの間のガイダンスを提供している。