PowermatのCEO、ワイヤレスチャージを「次のiPhoneの標準機能」と語る

0
427

ワイヤレス充電は今年後半にすべての新しいiPhoneモデルではないにしても1つになると広く期待されており、有力なワイヤレス充電技術会社のCEOはそれを終えた契約とみなしているようだ。 PowermatのCEOであるElad Dubzinskiは、公式のiPhone 7sやiPhone 8の発表に先立ち、ワイヤレスチャージを「次のiPhoneの標準機能」と呼びました。

PowermatのCEOは、新しい取締役会会長を務める同社に関する無関係のニュースリリースでコメントした。

「最近のAppleの発表では、ワイヤレス充電が次のiPhoneの標準機能になると私たちは最終的な主流機能の採用の基準に達しています」とDubzinski氏は述べています。

ワイヤレス充電スペースに携わる大手企業のCEOとして、Dubzinskiはこれらの詳細について何かを事前に知る立場にあるかもしれませんね。多分、それはここのケースではない可能性があります。

PowermatのCEOは、新しいiPhoneでワイヤレス充電が標準であるという「最近のAppleの発表」を指しているが、まだ公然と起こっていない。 DubzinskiはAppleがWireless Power Consortiumに最近参加したことを言及している可能性が高い。

この動きにより、iPhone 8にはワイヤレス充電機能が搭載されるという噂が流れてきたが、PowermatはAppleが使用する「ワイヤレス充電プロトコル」をサポートすると発表した。それはPowermatがAppleがどのようにワイヤレス充電に正確に近づくかを知っているようには聞こえません。

いずれにしても、今年後半にアップルの新しいiPhoneモデルのうち少なくとも1つ、すなわち主要なベゼルレス再設計が予定されている主力iPhone 8のワイヤレス充電が期待されています。昨年秋のレポートによると、この機能の出荷をサポートしているにもかかわらず、アップル社はワイヤレス充電器を同梱していない可能性があると予測していた。

KGI Securitiesの同じアナリストは、反復型iPhone 7sとiPhone 7s Plusモデル、いわゆるiPhone 8の両方がワイヤレス充電サポートを備えていると最近予測していました。

これとは別に、JPモルガンのアナリストは、Appleが新しいiPhoneのワイヤレス充電サポートについてBroadcomと協力していると主張している。しかし、そのリサーチノートでは、この機能は来年までには出荷されない可能性があるという。