アップルの安全性レポートは、拡張現実感眼鏡について報告

0
207

アップルの安全性レポートは、拡張現実感眼鏡について、Appleが目に近いデバイスをテストしていることを示しています。

アップルは本当にGoogle Glass-esque拡張現実感デバイスを作っていますか?私たちはまだ懐疑的ですが、新しい報告書は、少なくとも、頭の隣にある着用可能なものをテストしていることを示しています。

アップル社と契約した安全検査官は、数百人のアップル社員に事故報告を電子メールで送信し、その文書をGizmodoに送付した。このレポートには、Appleの従業員が関与した70件以上の安全衛生事件が含まれています。そのうちの2つは、神秘的なプロトタイプを使用した後に怪我や痛みを経験しました。

ある報告書は、2月21日の事件について説明しています。「BT4のユーザー調査の後、ユーザーは調査指導者にアドバイスしました。彼女は目に不快感を感じ、研究中のいくつかの点でレーザフラッシュを見ることができたと言いました。調査の指導者は彼女を検眼専門医に紹介し、分析のためのプロトタイプユニットを確保した。

3月2日、別の従業員もまた、「新しいプロトタイプで作業した後、従業員が眼の痛みを報告し、それが使用に関連している可能性があると考えていた」とのインシデントが発生しました。彼は、マゼンタ(外側)ケースのセキュリティシールが壊れていて、ユニットが改ざんされている可能性があると考えていたことに気づいた。

j 2人の従業員が同じデバイスまたは完全に異なる製品のバージョンを使用していたかどうかは明らかではありません。しかし、Apple CEOのTim Cook氏は昨年、拡張現実について大胆な発言をしており、同社がAR製品に取り組んでいることを示している。

インシデントレポートには、自走車などの開発中の他のプロジェクトや、スキートラッキングなどの新しいApple Watch機能も含まれていますが、詳細はほとんどありません。 Appleの従業員がプロトタイプをテストしているという理由だけで、このハードウェアが市場に出ることは言いにくいかもしれません。