アップル、広帯域ビームの衛星を軌道に乗せる計画

0
91

アップルには、新しい飛行プロジェクトがあります。

ブルームバーグによると、アップルはブロードバンド・インターネット・アクセスを打ち負かす衛星を打ち上げることに関与している。最近、アップルは2人のGoogle衛星エグゼクティブを募集し、同社内に新しいハードウェアチームを結成した。 John FenwickはGoogleの宇宙船運営を担当し、Michael Trelaは衛星技術の責任者を務めました。

このレポートによると、今年初めにAppleに加わったDropcam創始者のGreg Duffy氏にFenwick氏とTrela氏が報告する予定だという。おそらく、彼らはApple自身の衛星を設計して開発する秘密のプロジェクトに取り組んでいるだろう。

この分野へのアップルの関心が高まっているもう一つの最近の進展は、ボーイング社と協力して1,000個以上の低軌道衛星を打ち上げることです。ブルームバーグによると、アップルはボーイングとの間でこのプロジェクトの投資家/パートナーとなることについて話し合った。さらに航空宇宙関係者は、アップルがボーイングの衛星に資金を提供していると考えている。

「なぜアップルが衛星コンスタレーションを検討したいのか分からないのは難しいことではない」とTMFアソシエイツの衛星コンサルタント、ティム・ファラー氏は語った。 「SpaceXだけで2025年までに衛星インターネットから300億ドルの収入を得ることができます。

なぜこれが重要なのか:高速で低レイテンシーのインターネットへのアクセスが向上した世界は、Appleの未来を確かに助けるでしょう。これは、新興市場でのiPhoneの需要を増やすのに役立ち、接続された家庭を次の大きなものにするのにも役立ちます。

しかし、いくつかの注意点があります。衛星放送の「空からのインターネット」は、GoogleやFacebookなどの大手技術企業にとって長い間夢だった。しかし、衛星の導入は高価で危険であることが証明されており、多くのサテライト企業が事業を終了しています。

アップル社は、より地球に近いプロジェクトに取り組むために、元Google社員を雇ったことはまったく可能です。 Duffyの経験は消費者向け製品や画像キャプチャの分野でより多くなっているかもしれません。そのため、おそらくAppleの新しいハードウェアチームがMapsを改良してカメラを装備したミニバンを交換することができます。

この記事や他のMacworldのコンテンツにコメントするには、FacebookページまたはTwitterフィードをご覧ください。

Oscar RaymundoはiOSと「The iPhone Show」のホストを担当するスタッフライターです。