Google 偽のニュースや問題のあるサイト内容をチェックできる FAST CHECK 機能リリースを準備

0
460

Googleは、米国と英国の10月に機能を導入した後、Googleニュースエディションにファクトチェックラベルを展開する準備が整いました。このラベルは、Googleがサポートするすべての言語の検索にも表示されます。

ファクトチェックラベルを使用してソースから回答されたトピックを検索している場合、Googleの結果ページには、クレームに関する情報、クレームを行った人物、クレームが正しいかどうかの3つの要素で構成されるスニペットが表示されます。また、見出しの前に「ファクトチェック」という語句を含むGoogleニュースクラスタに表示されるようになります。

Google検索での事実チェックスニペット。

Googleは、あなたが考えることのできるあらゆる問題があるニュースについて、事実のチェックラベルが表示されないことを警告しています。例えば、 "地球は平らである"という検索は、この執筆において、事実上のチェックラベルを表面化していない。間違いなく、それは主張が不条理であり、とにかく重大な考慮に値するものではないはずです。

ファクトチェックラベルを取得するサイトでは、HTMLにSchema.orgのClaimReviewマークアップを含める必要があります。

しかし、問題は、フラットイヤーと他の陰謀を持つ理論家が、少なくとも短期間で、Googleの新しいファクトチェックラベルを試すことができるということです。必要なのは適切なHTMLマークアップだけであれば、サイトは間違ったストーリーのファクトチェックラベルを取得しようとする可能性があります。しかし、Googleは、世界で最も人気のある検索エンジンとして、あらゆる詐欺行為に対応するためにその能力を利用しています。同社のサポートページによると、サイトがGoogleの事実確認の基準を満たさない場合、検索エンジンはサイト運営者のマークアップを無視するか、Googleニュースからサイトを削除する可能性があるという。

ユーザーが直面する可能性のある別の状況は、2つのファクトチェックラベルが異なる結論を提示する場合です。 Googleは新しい計画の下でこれが可能であると述べている。 「異なる出版社が同じ主張をチェックし、異なる結論に達した検索結果ページがあるかもしれない」とGoogleはブログ記事で述べている。 「特定の主張に関するコンセンサスの程度を理解し、どの情報源が同意しているかについての明確な情報を人々が持っていることは、依然として役立つと思う」