アップルはサムスンから7千万のバインディングOLEDディスプレイを注文

0
468

Nikkei Asian Reviewによると、Appleはサムスンから7千万のOLEDディスプレイを注文した。これは、iPhone 8が湾曲したディスプレイを持つことを予測している。さらに、Samsungは新しいiPhone 8のOLEDディスプレイの唯一の供給品であると噂されており、年末までにApple向けに合計9500万個を生産する準備を進めている。

ppleがiPhone 8向けにOLEDに移行しているという噂は、かなり確固たるものであり、その情報を裏付けし続ける定期的な報告があります。我々がまだ不確実なことは、これらのOLEDディスプレイがフラットか湾曲しているかどうかだけです。もともと、アップル社は、iPhone 8のために十分に湾曲したOLEDを生産できるサプライヤーを見つけるいくつかの障害に遭遇したようだったが、この最近のレポートは、サムスンが挑戦に足を踏み入れたように聞こえる。

バークレイズの投資家ノートによると、今年のすべての新しいiPhoneモデルはAppleのTrue Toneディスプレイ技術を搭載しているという。 True Toneは昨年の9.7インチのiPad Proでデビューし、周囲の光と色温度を利用できるように周囲光センサーを使用しています。 9to5Macによれば、True ToneはプレミアムiPhone 8に加え、今年後半に発表される予定のiPhone 7sと7s Plusにも組み込まれる予定です。

Appleはあるデバイスで新しい機能を起動してから別の製品に拡張する傾向があります。しかし、私たちはAppleが本当にiPhone 8を傑出したものにしたいと耳にしているので、今後登場するすべてのモデルでTrue Toneが期待されていることは興味深いです。

今後のiPhoneカメラに導入される可能性のある開発を立ち上げるにつれて、アップルは拡張現実感でオールインワンになるだろう。ブルームバーグは、AppleがARを「次の大きなもの」と考えていると報告しています。眼鏡のようなARハードウェアは数年後になるかもしれませんが、これらの機能を備えたiPhoneが私たちが考えるより早く来るかもしれません。ブルームバーグによると、現在数百人のAppleエンジニアが、iPhoneカメラチームのメンバーを含むARの開発に専念しています。