東芝ストレージをめぐるAppleを巻き込んだ買収の行方

0
4

韓国のHeraldの報告によると、Appleは東芝のNANDメモリユニットを購入するいくつかの企業の1つです。アップル、アマゾン、グーグルなどはNAND市場の20%を占めるビジネス入札戦争に巻き込まれているという。

東芝のNANDユニットを買おうと思っている企業は合計で10社でしたが、具体的な価格は明らかではない。しかし、日経との別の報道によると、シルバーレイクの米株式とブロードコムのチップメーカは、2兆円(180億ドル)を提供した。

「東芝がスマートフォンやデータサーバー用の安定したサプライチェーンを持つことができるようになると、米国のハイテク企業であるアップル、グーグル、アマゾンは、ウェスタンデジタルの次に魅力的な入札者になります」と、The Korea Heraldに語った。

AppleのサプライヤーであるTSMCとFoxconnは、東芝のNAND事業を買収するために協力していたと以前から報告されていましたが、今日の報告書は、 FoxconnとTSMCがAppleの代わりに交渉している、あるいは地元のメディアによるとFoxconnの取り組みをAppleと別に検討している可能性はあります。

今日の報告書によれば、この時点で「最も魅力的な入札者」は、既にNAND市場の大部分を所有しているWestern Digitalです。 Foxconnは、東芝と日本政府が「技術漏れ懸念」により中国企業に売却したくないため、「最も魅力的」な選択肢ではないと考えられている。

今月初めに述べたように、東芝のNANDユニットを買収したApple(またはFoxconn)は、同社にNAND市場で最も優位なプレーヤーの1つであるSamsungに足を踏み入れるだろう。この動きにより、アップルは他の企業への依存をさらに減らし、NANDフラッシュのニーズを自社に持ち込むことができるようになるだろう。

現在のところ、アップルはサムスンと東芝の両方のフラッシュストレージに依存しています。たとえば、今年のiPhone 7 Plusのティアダウンでは、東芝が提供するNANDフラッシュが公開され、タッチバー付きの新しいMacBook ProはSamsungが提供するフラッシュストレージに依存しています。