GoogleカレンダーアプリがやっとiPadに対応

0
391

Googleのカレンダーアプリは待望のデバイス、AppleのiPadに対応しました。

このアプリは、ユーザーがGoogleのサービスを通じて共有しているカレンダーのビューを提供します。さらに、組織内の他の人々との会議のための時間と空間を簡単に見つける機能など、Appleのネイティブカレンダーアプリにはない機能が数多くあります。

これは、過去数年間、カレンダー用のiPhoneアプリはAppleのタブレットでも使えますが、iPad端末には最適化されていなかった。

この動きは、Gスイートの生産性サービスを可能な限り多くの人々に役立てるためのGoogleの継続的な推進の一環です。 Googleは、Microsoft Officeを中心の現在のシステムから生産性スイートに切り替えるよう積極的に取り組んでいます。マイクロソフトは、2015年に発売されて以来、AppleのタブレットをサポートしているiOS向けOutlookの形で、iPad用の独自のカレンダーアプリを提供しています。

カレンダーのプロダクトマネージャであるSharon Stovezkyのブログ記事によると、Googleには、iPadの通知センターで予定されている予定をユーザーが見られるようにするTodayウィジェットを含むiOS固有の機能がさらに計画されている。