【アプリ】ドローン DJI Go専用アプリがすごかった

0
704

円を最初に動かすために前/後ろと左/右の入力のバランスを絶えず変更し、同時に円の中心を指すようにカメラを適切な量だけ回転し続ける必要があります。

DJI Goアプリは、インテリジェントな飛行モード(別名自律飛行)を提供します。

私は超ポータブルな無人機、DJI Mavic Proを先月見直しました。

Litchiアプリは5つの自律的な飛行モードを提供していますが、そのうちの4つは動画を対象としていますので、それぞれを簡単にまとめてみましょう。

ポイント(デフォルトでは離陸ポイント)を定義すると、ドローンは自動的にその周りの円で飛行し、常にカメラを中心に向けます。

人や車の周りに四角形を描き、無人機がその周りの被写体に追従し、カメラをカメラの方に向けます。

焦点は似ていますが、今度は、無人機でカメラを被写体に向けたまま、ドローンで手動で飛ぶことができます。

たとえば、土地の不規則な形の周りを回り、カメラを家に向けるように指示し、最初のポイントでビデオ録画を開始し、最後にビデオ録画を停止するように指示できます。

最後に、バーチャルリアリティヘッドセットを使用する場合は、モック3D一人称ビューを提供するFPVモードがあります。

これは、アプリケーションを制御するものである必要はありませんが、別のLitchi Magic Leashアプリを使用して、他の誰かの電話に従うことができます。

軌道試験では、ドローンを、テーラーメイドの場所 – 円形の覆われたリザーバー – のように見えました。

軌道輪郭を設定しました。高度16フィート、半径29フィートで自分自身と私の周りを回っています。

スピードは毎秒の度数で設定されていますが、アプリはその速度で完全な円を完了するのにどれくらいの時間がかかるかを示すことができます。

また、エントリーポイントを円に設定すると(最も近いものは安全です。途中で障害になる可能性を最小限に抑えます)、見出しモード(この例ではカメラが向いているところ)、方向(時計回り)です。

理論的には、アプリに被写体の高さを伝えることができ、自動的にジンバルを使用して、カメラをその高さを撮影するために角度を付けます。

上記は飛行機が30フィートに上昇し、クリケットピッチの周りを飛行し、カメラがピッチ自体を指差したままにしておくミッションの非常に簡単な例です。

上記のクリケットピッチの例では、合計10のウェイポイントを作成し、自動スムージング機能を選択しました。これにより、より円に変わりました。

さらに良い点は、あなたのウェイポイントを落とすために画像をタップする必要がないことです。単純にラインを描くことができ、Litchiはウェイポイントを導き出すことができます。

https://itunes.apple.com/us/app/litchi-for-dji-mavic-phantom-inspire/id1059218666?mt=8&at=11lqLQ