iRobotの床ふきロボット「ブラーバ ジェット240」


パッドを洗剤で擦って床に床に噴霧する。
ブラーバ ジェット240は、日本の生活環境に適していると言える。
技術の要点であるノズルも特許技術であり、ノズル自体はBMWワイパー部と軽部ワッシャーノズルを設計した企業と共同で設計されています。

ノズルから噴射された水は、正方形のブラバエットの前で掻き集められる。

要点は、水の量と範囲にむらがないことです。

ロボットの前で水に濡れてはいけない壁や家具がある場合は、それを避け、頑固な床をしっかりと保つことで、ユーザーにとって安全です。

また、パッドの裏面には形状の異なる穴があり、本体の光センサがどのパッドを装着しているかを読み取り、フロアワイピングの動作速度を変更したり、水の噴射量などに多少の差をつける

コンパクトボディにさらなる技術が詰め込まれていることを見逃すことのできないポイントです。