Nintendo Switch 発売前レビュー

0
668

任天堂はかわったゲームハードウェアを作ることにチャレンジしています。たびたび、その戦略は成功を収めました。DSとWiiは、数億台以上を販売するゲームハードウェアになっています。任天堂はマリオゼルダ、など著名なゲームに加え、ハードウェアでも著名なシステムを提供してきています。

しかし、2012年のWiiのUは失敗だったかもしれません。力不足のタブレットで、起動するために悪い印象がありました。マルチプレイの新しいマリオゲーム、新しい機能を備えた大乱闘スマッシュブラザーズ、マリオカート8、および他のパーティゲームを実行するのにハードウェアが十分ではなかった気がします。



任天堂スイッチの仕様

  • 6.2インチ、720pの液晶タッチスクリーン
  • プロセッサ:カスタムNvidiaのTegraはSoCの
  • 32ギガバイトのストレージ、拡張可能のmicroSD
  • 802.11ac Wi-Fiを提供
  • ブルートゥース4.1
  • タブレット上の1つのUSB-Cポート
  • 2つのUSB 2.0と1つのUSBドックの3.0ポート
  • ドックのHDMIアウト
  • ゲームプレイまでの6時間4310 mAhのリチウムイオン電池
  • 9.41のx 4.02のx 0.55インチ(タブレットのみ)
  • 10.48オンス(タブレットのみ)
  • 価格:$ 299.99

任天堂はSwitchで逆転するチャンスなるでしょうか。スイッチは、基本的に、またお使いのテレビに接続できるポータブルコンソールです。それだけではなく、伝統的なコントローラではなく、Wiiのスタイルのモーションコントロールが付いている2ジョイコン・コントローラを持っています。2000年代半ばのブームをを作ったローカル、マルチプレイヤーゲームを有効にするために設計されています。

添付ジョイコン・コントローラの両方を使用すると、スイッチは14オンスほどの重さでiPadモデルよりも3DSやヴィータより重いけど軽いく感じます。それは実際にプレーしても、私には重いと感じませんでした。

カスタムされたNvidiaのTegraシステム・オン・チップが提供された携帯用ゲーム機になります。今回のアップグレードでは、ハンドデバイスのための大きく前進したマシンのように感じます。Nvidiaのチップは、ポータブル環境にコンソール品質のグラフィックスを構築し、うまく起動します。

フル3Dのゼルダを外出先で遊べるのはかなりシュールです。ゲームのスタイルは、より現実的なパーティクルエフェクトやよりリアルなキャラクターモデルが感動を呼びます。

 

 

 

電源とボリュームのようないくつかの本質的なノブを除き、スイッチのタブレット自体はかなり軽いです。低音よりも高音がしっかりあり、スイッチのステレオスピーカーは、驚くほど大きです。パーティーゲームをテストした場合では、ボリューム最大でなくてもしっかり聞こえることができましたmicroSDカードスロットは、スタンドの後ろに配置され、内部ストレージは32ギガバイトを持っていますが、外部ストレージへ頼る必要もありそうです。

外出先でのバッテリ寿命を最大6時間で、薄くて頑丈

スイッチのバッテリーの持続時間は、任天堂によれば、状況にもよりますが、2時間半から6時間の範囲です。われわれで試験した際は再生時間は3時間ほどもちました。それはゲームプレイには十分すぎるほどもった印象です。また我々はが考えるより速い充電が可能のようです、スイッチの下端は、充電のための標準的なUSB-Cがあります。ただし、卓上モードで使用できるものではありません。

二つの取り外し可能なジョイコンコントローラは、デュアルジョイスティックで、家庭用コンソールのためのより伝統的なレイアウトのように感じです。トリガーのカルテット(L / Rと任天堂の用語ではZL / ZR、)、および使用される他のボタンの片側。クイックスクリーンショット左ジョイコン上でもキャプチャボタンがあります。ジョイスティックのゴム材料とコントロールを使用すると、Xboxの一つコントローラまたはPS4デュアルショックで大きくスティックに慣れている場合であっても、それが快適に感じます。

また、コンソールから切り離さ、別途、無線ジョイコンを使用することができます。タブレット上の物理的な接続は、ありがたいことに、非常に頑丈ですが、タブレット自体に圧力のビットを維持しながら、ジョイコンを引き出すのジェスチャーに慣れるために数回の試行が必要です。

ラインナップ

3月2日の時点で、次のゲームは米国では、スイッチで起動することが確認されています。

  • 1-2 – スイッチ($ 49.99)
  • ファストRMX($ 19.99)
  • I am Setsuna ($39.99)
  • ただ、2017年ダンス($ 59.99)
  • マスターブラスターゼロ(3月9)
  • ゼルダの伝説:野生の息吹($ 59.99)
  • シャベル騎士:苦悩のスペクター($ 9.99)
  • シャベル騎士:トレジャートローブ($ 24.99)
  • Snipperclips($ 19.99)
  • スカイランダーズImaginators
  • スーパーボンバーマンR($ 49.99)