Slackにスレッド機能追加

Slackにスレッドメッセージをスレッド化する機能が導入されます。
同社の発表によると、この機能は「数日後」に徐々に導入され、デスクトップ版とモバイル版の両方で提供される予定だ。

これからは、メッセージをより細かいスレッドに分岐させることで、ユーザーは特定のトピックに従うことができます。

また、特定のユーザーを@の付いた会話に追加することもできます。また、必要に応じて元の大きなチャンネルに再送信することもできます。

あなたがスレッドに返信しても、そのスレッドが属するスラックチャンネルは決して「未読」と表示されることはありません。誰かがスレッド内で直接そのユーザーを言及しない限り、通知されません(作者、避けられない「通知バッジ不安」などの通知について懸念している)。

しかし、画面の左側のメニューには「すべてのスレッド」ビューが用意されているので、ユーザーはユーザーが参加しているすべてのスレッドを把握できます。