テスラは、オートパイロットを10月以降に建設された車に搭載し、オートスターを45mphに制限します


IMG_0652.JPG



車は多くの古いテスラ車で利用可能な安全機能の軽いものがありませんでした。
Autopilotソフトウェアは、適格なTeslasに無線で配備されており、所有者はソフトウェアをダウンロードするために特別な作業をする必要はありません。

しかし、新しいTeslasには、古いTeslasが持つオートパイロットと半自律的な機能はまだありません。

新しいTesla車は優れたハードウェアを持っているが(少なくともTeslaによると)、システム上で動作するソフトウェアはまだ開発中である。

テスラは、ハードウェアは最終的にすべての状況で車を制御することが物理的に可能であると言います。

Gen 2搭載車のオートパイロットハードウェアには、速度の制限されたバージョンのAutosteerが搭載されています。この機能は、ほとんどのオーナーが「オートパイロット」とみなす機能で、45mph以下の速度で動作し、明確なレーンマークが付いたハイウェーでの使用を意図しています。

これは、トラッキング対応のクルーズコントロールシステム(TACC)と連携しています。これは、アップデートで展開されています。

また、車両には前方衝突警告(FCW)機能が搭載されています。ここでは、経路にオブジェクトがあり、衝突が発生した場合に、車にドライバに警告します。

システムはチャイムを鳴らし、インストルメントパネルで視覚的な警告を発する。

クルマには、衝突の重大性を回避または軽減するためにブレーキをかけることができる自動緊急ブレーキ(AEB)はありません。

今回のアップデートでは、新しいテスラがオートパイロットと同等の性能を発揮するわけではなく、以前のテスラのオートパイロットハードウェアで利用できる安全機能もありませんでした。