Apple Watchでランニングワークアウトの自動一時停止をオンにして正確な記録をとる方法

0
644

Apple Watchにはワークアウト機能があり運動の記録をとることができるようになっています。Apple Watchでランニングワークアウトをやる場合、Apple Watchの自動一時停止機能を使って、より正確なランニング・ワークアウトを記憶することができます。今回は、Apple Watchでランニングワークアウトの自動一時停止をオンにして正確な記録をとる方をご紹介します。

ランニングワークアウト中に休憩を取る場合、Apple Watchで手動の一時停止を使っていませんか。たまに一時停止から「再開」ボタンを押すのを忘れてしまい、正確なランニングワークアウトの記憶を残せなかったりすることがあります。この対策として、Apple Watchではランニングワークアウトの自動一時停止機能があり、この機能をオンにすると、より快適で正確なアクティビティトラッキングが可能になります。

ランニングワークアウトの自動一時停止機能をオンにすると、ランニングを止めると自動的に一時停止した後、再びランニングを始めるとワークアウトを再開します。



Apple Watchでランニングワークアウトの自動一時停止をオンにして正確な記録をとる方法

Apple Watchで設定する場合

  1. Apple Watchで「設定」を開きます
  2. 下にスワイプして「ワークアウト」をタップします
  3. 下にスワイプして「ランニング自動一時停止」の隣のトグルをタップします

iPhoneで設定する場合

  1. 「Watch」アプリを開きます
  2. 下にスワイプして「ワークアウト」をタップします
  3. 「ランニング自動一時停止」の隣にあるトグルをタップします