子供のiPhoneで電話できる相手の連絡を制限する方法

0
492

iOS 13に搭載された新しいスクリーンタイムには「通信/通話制限」設定があります。スクリーンタイムの「通信/通話制限」では、子供が持っているiPhoneで電話やメッセージ、FaceTimeできる連絡先を制限することができます。今回は、スクリーンタイムには「通信/通話制限」設定でiPhoneで電話できる電話やメッセージ、FaceTimeできる連絡先を制限する方法をご紹介します。



子供のiPhoneで電話できる相手の連絡を制限する方法

  1. iPhoneで「設定」を開きます
  2. 下にスワイプして「スクリーンタイム」をタップします
  3. 「通信/通話制限」をタップします

一覧には、「休止時間外」「休止時間中」があります。

「休止時間外」は、iPhoneのスクリーンタイムで利用制限をかけていない期間を指します。「休止時間中」は、iPhoneのスクリーンタイムで利用制限している期間を指します。

「休止時間外」に通信・電話できる相手を設定する場合は「休止時間外」をタップします。

フォルト設定では「すべての人」になっていますが、「連絡先のみ」に変更できます。

「休止時間中」に通信・電話できる相手を設定する場合は「休止時間外」をタップします。

デフォルト設定では「すべての人」になっていますが、「指定した連絡先」に変更できます。「指定した連絡先」を指定した場合は、「連絡先を追加」をタップし、連絡を許可する相手を連絡先から選択して追加していきます。