iPhone 11とiPhone 11 Proで「カメラ」アプリでカメラフィルターを使う方法

0
633

2019年に登場したiPhone 11シリーズでは、いくつかの新しいカメラ機能が含まれています。しかし、使い慣れた機能の中には、以前よりも使いづらくなってものもあります。以前と操作方法が変わってしまった機能のひとつ、iPhone 11とiPhone 11 Proで「カメラ」アプリでカメラフィルターを使う方法をご紹介します。

iPhone 11とiPhone 11 Proには新しいカメラアプリが搭載されており、ナイトモードや新しい超広角レンズを活用するためのインターフェースなど、新しい機能が搭載されています。しかし、カメラアプリのUI変更により、以前からあるいくつかの機能は埋もれてしまい、どうやって操作するばいいのかわからない時があります。今回は、埋もれてしまった機能のひとつ、「フィルター」機能を使い方をご紹介します。

「フィルター」機能は、写真モードとポートレートモードで撮影前にしか設定できませんが、「写真」アプリの「編集」をタップし、3つの丸いフィルターアイコンをタップすると、以前に撮影した写真や動画にフィルターを追加することができます



iPhone 11とiPhone 11 Proで「カメラ」アプリでカメラフィルターを使う方法

  1. 「カメラ」アプリを開きます
  2. 画面上部中央の^をタップするか、ファインダー上で上にスワイプしてカメラツールバーを表示させます。
  3. フィルターアイコン(3つの丸)をタップします
  4. スライドしてフィルターを選択します
  5. フィルターを選んだら、ファインダーにフィルターが適応され撮影することができます