Appleは、Final Cut Pro Xの最新リリースでmacOSのレガシーメディアサポートについて警告

0
116


Appleは昨日サードパーティのワークフロー拡張機能、バッチ共有などのサポートを含むFinal Cut Pro Xの主要なアップデートをリリースしました。新機能に加えて、AppleはmacOSの将来のバージョンでのレガシーメディアサポートについてユーザーに警告を行なっています。



Appleは、Final Cut Pro Xの最新リリースでmacOSのレガシーメディアサポートについて警告

サポート文書でも指摘されているように、Appleは最新の10.4.4 FCPアップデートで、「将来のMacOSリリースに備えて、レガシーメディアを含むFinal Cut Proプロジェクトについての警告を行なっています

Appleは、今後のmacOSリリースでサポートされなくなるメディアタイプの一部を紹介していますが、すべてではありません。

従来のメディアファイルはmacOS Mojaveと互換性がありますが、将来のmacOSリリースでは使用できません。レガシーメディアには、Sony HDCAM-SRカメラなどのカメラで録画した映像、CineForm形式で記録したGoProカメラの映像、ソフトウェアで作成したAvid DNxHD / DNxHR形式のビデオファイル、他の多くの古いカメラで撮影した映像などが含まれます。

新しいサポートドキュメントでは、ユーザがレガシーメディアを含むFinal Cut Proプロジェクトをどのようにアップデートする方法、すでにエクスポートされているプロジェクトを更新する方法について詳しく説明します。