iOS 12.1.1でFaceTime ライブPhotos機能が復活!フリップカメラUIも改善

0
151

現在公開されているiOS 12.1.1ベータ版では、AppleがiOS 12.0で削除したFaceTime ライブ Photoキャプチャ機能を復活させています!また、FaceTimeのUIが大幅に改善され、ミュートおよびフリップカメラのアクションがメインビューに表示され、サブメニューには表示されなくなりました。



iOS 12.1.1でFaceTime ライブPhotos機能が復活!フリップカメラUIも改善

ライブPhoto機能が復活しFaceTimeで拡張されたカードビューも改善されました。

iOS 12.0では、フリップカメラを埋め込んだ場合、スワイプのジェスチャーの後ろにあるボタンをミュートしていました。拡張されたカードは、自分のカメラのサムネイルを覆い隠すため、カメラのフリップアクションが有効になったかどうかを確認することができません。


これらのスクリーンショットのように、折りたたまれ拡張されたカードインターフェイスはiOS 12.1.1で大幅に修正されました。

エフェクトボタンは左に残りますが、4つのボタンは新しい行に合わせて小さくなりました。エフェクト、ミュート、フリップカメラ、エンドコール。ライブフォトシャッターボタンは、折りたたまれたカードの上にあります。拡張されたカードコントロールは、スワイプジェスチャーでのみアクセスできるようになりました。

拡張カードには、4つのボタンの行と、カメラオフとスピーカートグルを含むピルボタンの2行目があります。

ライブフォトうれしい復活です。 FaceTimeのライブフォトは、標準的なスクリーンショットと同じく、コンテキストを追加して瞬時に瞬時にキャプチャすることができます。

FaceTime ライブフォトは、すべてのFaceTime参加者が利用可能なオプションです。この機能はデフォルトで有効になっていますが、

設定 – > FaceTime – >ライブ写真では無効

で無効にすることができます。 FaceTime Live Photoのキャプチャ機能を利用するには、iOS 12.1.1以降にアップデートする必要があります。

iOS 12.1.1は今日デベロッパー版がリリースされ、そ年末までに公開されることが期待されます。