Adobeの新しいクロスデバイスビデオエディタ、Premiere Rush CCが登場!

0
111

Adobeは、オンラインコンテンツ制作者向けの新しいビデオ編集クロスデバイスアプリ、Premiere Rush CCを発表しました!今回、Premiere Rush CCの目玉機能をご紹介します。



Adobeの新しいクロスデバイスビデオエディタ、Premiere Rush CCが登場!

まずPremiere Rushを開くと、プロジェクトにメディアを追加するように求められ、お気に入りのアルバムから追加したいメディアを選択できます。選択した順序でタイムラインに追加されます。

クリップの読み込みが完了すると、挿入されたタイムラインが表示されます。 モバイル用Premiere Rushアプリは主にポートレートモードで動作し編集できるため携帯でも使いやすい仕様になっています。ランドスケープはサポートされていますが、再生用になっています。

iMovieの機能のほとんどは、Premiere Rushにも搭載されており、いくつかの強力な機能がデスクトップから追加されています。画面の下部にあるスクロールツールバーは、ツールをカテゴリに分類できます。


ビデオをスクラブしたり、クリップを分割したり、音声をミュートしたり、タイムラインをカットした後、いくつかの仕上げを加える事ができます。Adobeには、クリップに適用できるいくつかのプリセットエフェクトが用意されています。これらのプリセットをカスタマイズして独自の外観を作成することもできます。

同様に、クリップ機能では、キャンバス上で自由にスケーリング、直線化、および再フレーミングできます。これらは、モバイルアプリで実現不可能だった、かなり深い調整が可能です。残念ながら、クリップのリタイミングやリバースはまだサポートされていません。アドビは将来これらの機能を追加する事を約束しています。

最後に、ビデオとサウンドトラックにタイトルを追加します。付属のタイトルスタイルは、ビデオクリップのようにカスタマイズして再配置できます。このプロセスは、電話では少し操作が難しく、デスクトップ版では操作しやすいなっています。


オーディオに関しては、Premiere Rushの内蔵サウンドトラックを選択できます。まだたくさんはなく、時間の経過とともに多くのサウンドが追加されることを願っています。オーディオファイルを挿入したり、音声を録音することもできます。 Premiere Rushは、会話を検出し、クリップのボリュームを賢く調整できます。

大画面プレビューと最終調整用に、MacBook版Premiere Rushアプリもあります。同期すると、欠落しているクリップはPremiere Proの場合と同様に赤いブロックに置き換えられます。実際、デスクトップ上のRushはiMovieよりもPremiere Proに近いインターフェイスになっています。機能は明らかに限定されていますが、ワークフローは近いものです。

エントリーレベルのMacBookで4Kビデオをプレビューするのは難しい作業です。プレビューの品質を最低の設定にしても、再生中にフレームがドロップされました。iPhone XS Maxはより良い状態を維持しましたが、クリップにエフェクトが適用された後に遅くなります。 またiOSでプレビュー品質を変更するオプションはないようでした。iPhoneにもいくつかのアプリクラッシュが発生します。データを失うことはありませんが遅くはなります。


動画を完成したら、[共有]タブからエクスポートオプションが表示されます。ここから作成したものをソーシャルメディアにすばやく公開できますが、ファイルのエクスポートもできます。興味深いことに、1080pがiPhoneで利用できる最大の解像度でした。ローカルにエクスポートする場合は、このことを念頭に置く必要があります。



Premiere Rush CCは現在、個人ユーザーごとに$ 9.99で利用可能です。Adobeは、無料のスタータープランを用意しており、3つのプロジェクトをエクスポートできます。